肉の太田屋トップ > 太田屋の牛肉
太田屋の牛肉
肉の太田屋の牛肉は肉の芸術品「前沢牛」

「前沢牛」は最上級を極めた肉質。
「前沢牛」のほとんどは東京食肉市場において販売され、全国産地銘柄牛の中でいつも上位の座を占めています。
「前沢牛」の高い評価を示すもう1つの記録は、全国肉用共励会で最高の名誉賞を受賞していることです。また銘柄牛コンテストで農林大臣賞に輝き、その他数々の賞を受賞しています。鮮やかな霜降りとうまみは、東稲山麓に上質な牧草地があり豊富な干し草とうまい米ササニシキの稲ワラを与えていることで鮮やかな霜降りとうまみが出ます。
「前沢牛」誕生の岩手県前沢町は、牛の過ごしやすい冷涼な気候と子牛生産の基盤があるなど、牛の飼育に適した環境にあります。また肥育農家の技術は日本でも最高水準にあり、名声の原動力になっている。
前沢牛


太田屋ではこの前沢牛を、味噌漬け真空パック、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキその他お好みにあわせて発送を承ります。お電話・FAXにてお問い合わせ下さい。係りの者がご予算にあわせご注文を承ります。

コラム 牛のおもしろい話
食肉には少ししか関係ないが、大きな牛の代表として闘牛がいる。
1トン近い闘牛が2頭で、頭と角で戦う姿は勇壮で、大きな動物では日本最大の戦いです。本当に勇壮そのもので、時には角がへし折れたりします。春から秋までの期間、新潟県の山古志村でやっているよ。この闘牛の肉は素晴らしく霜降りですが、食べてみるとなぜかまずいのだ。
新潟県山古志村